消費者金融の良さを考える

手軽で早いカードローンキャッシングと言えば、消費者金融です。ネットで申し込みをして早いところなら最短30分の審査回答後、契約手続きを規定の時間内に終えると、来店不要での最短即日キャッシングも可能としています。

 

人気どころの大手サービスなら大体で即日融資に対応をしており、プロミスではWeb契約を平日14時までに完了させると、アコムなら同じく平日14時程度までに振り込み手続きを完了させると、ともに来店不要で銀行振り込みでの即日キャッシングも可能です。

 

曜日と時間の制限こそ厳しいですが、しっかりと条件を満たせば来店不要で自宅にいながらでも借りられるのは、消費者金融の良い点であると言えるでしょう。

 

 

土日でも借りられる消費者金融

消費者金融の良さである即日融資対応は、何も平日に限ったことではありません。土日の週末でも即日の借り入れも可能としており、全国各地に設置がされている自動契約機を使うと、早ければその日のうちにカードが発行されるのです。

 

手順としてもシンプルなものであり、ネットで申し込みをして審査を受けておき、審査通過後に近くの契約機に行くだけです。必要書類を持って契約機の中で手続きを進め、その場でカードを受け取り、ATMで借り入れをするといった流れになります。

 

自動契約機は上記のプロミスやアコムなら22時前後まで開いているところが多いので、予めネットで審査さえ完了させておけば、週末の土日でも夜でもその日のうちに借りられる可能性があるのです。

 

銀行と消費者金融どっちがいい?

世の中不景気ですからどうしてもお金が必要だけど自力では用意できないという状況にいつなってしまうか分からないものです。そんな時に利用するのがカードローンやキャッシングでしょう。しかし、一言でカードローンやキャッシングといっても様々な物が存在しています。特に大きく違っているのが銀行と消費者金融の違いでしょうか。

 

多くの人は銀行で借り入れをする方が信頼ができるから銀行で借りたいと思うでしょう。しかし、銀行の場合はどうしても審査のスピードに時間がかかってしまったり、用意する書類も多いといった事があります。

 

そういったことでは不都合(本当にすぐにお金が欲しい)という場合は消費者金融でしょう。消費者金融は用意する書類は少なめですし、カードローンやキャッシングの種類、業者によっては即日で審査・借り入れを行ってくれるところもあります。

 

但し、消費者金融だと法律の関係で収入の無い人が借り入れを受けることは不可能です。また、銀行の方がやはり金利は低めに設定されていますし、借り入れの上限金額も高めに設定されています。

 

このように銀行と消費者金融は一長一短であり、その人の状況に合わせた計画的な利用をしていきましょう。

 

状況次第でどちらが良いかが決まる

例えばどうしても今日中に借りたいのであれば、消費者金融が勝ります。逆に数日待ってでも低金利で借りたい、借り換えなどで今よりも低い金利で借りたいと考えている場合には、銀行の方が優れるでしょう。

 

銀行のほかにも消費者金融よりも低金利の借り入れ先として、信用金庫などもあります。一部は別ページでそれぞれ解説をしていますが、大手銀行ほどではないとしても、それなりに低金利で借りられるのは信用金庫の魅力でもあります。

 

早くに手軽に気軽に借りたいなら消費者金融、低金利で借りたいなら銀行や信用金庫といった選び方が基本となります。また、利用の際の手数料を気にされる方は一部の銀行が行う手数料無料のサービスを利用する手もありますので、以下の参考サイトを見て一つの選択肢として知っておくのも悪くはないかもしれません。